ラーフオーバーフロー

BLOG

ブログ

私たちは、業界や同業者に向けて、
集客やサービススキル・店舗運営に関する
質の高い情報を積極的に発信しています。
マーケティングを現場の中心におく弊社の、
教科書に載っていない
知識や情報を共有しています。

CATEGORY

カテゴリー


会社のこと

企業の理念やビジョン基づく、社内の取り組みや活動内容を発信しています。

お店のこと

集客や店舗運営に関する考え方やスキルを発信しています。

お客様のこと

日々のお客様対応に対する考え方や対応スキルを発信しています。

業界のこと

現場での業務やそれ以外から日々学んでいる業界に関連する知識を発信しています。

採用のこと

弊社に興味を持って頂いてる方に向けて、入社後の働くイメージできる情報を発信しています。

メンバーのこと

弊社メンバーの入社前〜現在に至るヒストリーや考え方を発信していきます。

業務のこと

弊社メンバーが、日々の業務で大切にしていることや気づきを発信しています。

NEW ENTRY

最新のブログ記事


採用のこと

【新卒トレーナーが紹介①】入社してみて感じた事

 こんにちは!今回は、入社1年目の大岩健斗が弊社に入社してみて感じたことを書いていきます。就職活動中の学生が参考になるような内容になればと思います。 ①1日のスケジュールや具体的な仕事内容  お客様の予約状況によって変わりま…


大岩健斗

2022年2月16日

業界のこと

売上は、お客様の期待と依存を数値化したもの

お客様の課題を解決することで価値が生まれます。その価値に対する対価として売上が立ちますが、売上とは「期待」と「依存」で成り立っていると私は考えています。 ①新規売上 →期待②リピート売上 →期待or依存 …


斎藤 友史

2022年2月10日

お客様のこと

お客様にリピート頂くために、最大限の努力をしている…

※このブログは、社内の日報で共有した内容です。 お客様継続率(リカーリング率)が90%に達していないうちは、売上が上がらない理由を新規数にすることはやめた方がいいです。 新規の売上に頼るしかない“今”…


斎藤 友史

2022年2月3日

お客様のこと

【接客スキル】お客様の変化を察知する

 スタバの店員さんがよく使っているコミュニケーションで、「今日は〇〇なんですね!」という声かけがあります。 例えば、いつもはドリップコーヒーなのに、たまにソイラテを注文したら 「今日はソイラテなんですね!(今日はドリッ…


斎藤 友史

2022年1月26日

お客様のこと

お客様の期待は、悩みの改善だけではない

 初回体験や成約後のセッションで、お客様の期待を上回れたら最高です。しかし、最低でも下回らなければ「期待通り」という満足を頂けると思います。 期待とは、当初お客様がイメージしている 効果接客(人)サービス(利用しやすさ) …


斎藤 友史

2022年1月19日

業務のこと

“伝える”は自己満、“伝わるように伝える”

言葉には思考が表れる とはよく言われます。今回のブログの内容は、私自身何度も痛い目を見てきた経験を基に、非常に重要なことだと考え、社内にも口酸っぱく共有している内容です。 世の中で誤解(トラブル…


斎藤 友史

2021年12月8日

業界のこと

結果が出ていないのであれば、自分の感覚は捨てる

※このブログは、社内の日報で共有した内容です。 日々のセッションに関しては、各々抱えている課題があり、以下のような対策を実施していると思います。 〇〇を意識する〇回ロープレをする〇回セッション見学する …


斎藤 友史

2021年12月3日

お客様のこと

お客様はトレーニング“だけ”をしにきている訳ではな…

「木村さんのおかげで人生変わった」 僕の担当する40代女性のお客様から言われた言葉です。 結論、僕が何をしたかというと「ランニングしてみてください!」と言っただけです。その背景には、少し前からこのお客様は、仕事でストレ…


木村 聡

2021年11月24日

業務のこと

【必須マインド】即レスは相手のための行動

 私は、お客様とのやり取りはもちろん、スタッフ間でのLINEやstock(社内業務共有ツール)のやり取りの中で、何か提案やご指摘を頂いたときは、なるべく即反応(レス)するように意識しています。(どうしてもセッション中で返せない場面…


堤 駿介

2021年11月16日

メンバーのこと

僕のアキラメた経験 〜堤駿介 編〜

 人は、失敗や他者からの指摘を『真摯に受け入れる=アキラメル(明らかに認める)』経験を通して成長するものだと思います。 ここでは、日報の中で出た社員それぞれの“アキラメ”た経験を経て成長したことを紹介しています。  私…


堤 駿介

2021年11月8日